PINEBOOK+ ~ おかしな二人の子作り ・ 子育て日記~

NT・切迫流早産を乗り越え、35週の早産で生まれたゆうとは心臓病があるはずなのに毎日元気いっぱい!そんなゆうとも2009年、幼稚園に入園し、年中かなりやさんになりました。ゆいちゃんも今年から一緒にひよこさんに通園中!ゆーりままは仕事復帰できました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) 

医療費についての疑問

 先日、先生から心臓の手術についてのお話があってから、不思議とどん底まで落ち込むことはありませんでした。これもNT発見以来打たれずよくなったからか?やはり手術をして治る可能性があるだけ先が見えているから安心できるのか?

 手術に関してはお医者さんに頼るしかないので、どうし様もないけれど、そうすると気になるのは医療費について。初産でどの程度のお金が出産にかかるかもわからないところで、このお話・・・・さあ、お勉強のお時間です。

 得意の検索開始~。予備情報として乳幼児は医療費がかからない、ということは各方面から聞いていました。しかし、手術となると、これはどうなんだ?というのがゆーりママの疑問。
 
 生まれたらまずやること
   ・出生届をする(このとき、医者の出生証明書が必要)
   ・会社に連絡して社会保険の扶養に入れてもらう
   ・市役所で乳幼児医療助成の申請をする

  ここで大切なのは社会保険の扶養。これに入らないことには医療助成も何もないらしい。
  しかし、これで手術代はただになる?

 もっと調べていくと、養育医療・育成医療というものを発見。まだまだゆーりママも勉強不足です。(ちなみにこの方面、ゆーりママの資格分野。)

  ・養育医療は出生時の体重が2,000g以下または2,000gを越えても生活力が弱く、医師が入院養育を必要と認めたお子さんが指定された病院に入院した場合に、医療費の一部を公費で負担する制度。
  ・育成医療は身体に障害があり、手術をすることにより、障害を軽減できる場合に医療費の一部を公費で負担する制度。
  さて、どっちがうちの子に当てはまるのか?まだ生まれていない今の時点ではなんともいえないけど、早く生まれてくれば、NICUに入るのは確実だし、普通に生まれてきても手術をするのは確実だし。

 でも、上記両方とも申請に必要なのは”健康保険証”。
  ・・・・ということは、どっちにしても会社の担当の人がどれだけ早く申請をしてくれるかによるんだよね。
   とりあえず、保健福祉事務所に問い合わせしなきゃ!

スポンサーサイト

コメント

 

 りんりんさん、朝からありがとうございます。世間体とかを気にしている場合ではないかもしれないですよね。手術しないと死にますよなんていわれたなんて、旦那さんはすごいですね!
 NTの時も大丈夫だよ~なんて話し掛けていたんですが、やはり話し掛けることが必要なんですね。「元気に心臓治して出ておいで~」って毎日言うことにします。
 いつもいつもお話を聞いてくれてありがとうございます!
  • ゆーりママ 
  • URL 
  • 2005年07月19日 18時46分 
  • [編集]

 

おはようございます~。
体調はどうですか?胎動もますます激しくなってきてますよね!うちのベビーも妙に長男の声に反応して動いているのが分かりおかしいです…やはり子供は子供が好きみたい…!
身障者、確かに 主人も手帳をもらうこと、初めはかなり抵抗があったみたいです。でも、どちらにしても切らなきゃ助からない(ちなみにはじめて診察を受けたその日に手術しなければ死にますと言われました)と言われれば、もらえるものはもらっておこう!に変わり、今では高速代半額とか動物園遊園地水族館など半額とか大いに使っています。
手術 特に 心臓の手術は人工心肺装置を使ったりして体には相当の負担がかかります。術後もいつもプラス思考で冗談しか言わない主人が「つらい」しか言えない位しんどかったみたいです。
そんな大変な辛い思いをするのだから なにか特典(?)もあっていいんじゃないかと。それは赤ちゃんのご両親に対しても同じことだと思います。死ぬほど心配して苦労するのだから…。
まぁそれも 病気が確定したらの話ですよね。
私は毎晩 おなかに 病気や障害はなるべくおなかの中で治して出ておいでねと話しかけてますよ!
ちなみに長男のときは7ヶ月で逆子だと言われた病院の帰りの駐車場で「反対なんだって、頭と足が」と話しかけたらその場でぐるん!と回転してくれました…嘘みたいな話だけど!
赤ちゃん信じて暑さものりきろー!
  • りんりん 
  • URL 
  • 2005年07月19日 07時49分 
  • [編集]

 

りんりんさん、貴重な情報ありがとうございます。500万もかかったんですね~。びっくりです。
更生医療というのは身体障害者手帳を所持している方で、その認定障害に対する治療に支払われるものですよね。身体障害者手帳を申請することも視野には入れているんですが、確か障害が発生してから6ヶ月しないと認定されない為新生児は適用が難しいのかな?と思っています。でも、子どもに対する医療関係の補助って結構あるみたいですので、これは知っておかないと結構損をしそうです。
 ちなみに、身体障害児に認定されちゃうと、特別児童扶養手当というもの(月額5万程度)いただけるので、親としては経済的負担が減るんですけど、子どもとして、障害者として認定されるのがいいかどうか・・・・ちょっと早いけどそんなこともちょっと思ってます。
  • ゆーりママ 
  • URL 
  • 2005年07月18日 20時46分 
  • [編集]

 

おおお!さすが ゆーりママさん、医療費についての件 産後また お話を詳しく教えてもらうことになるかもしれないです(って 産んだらお互い3時間おきに授乳とかでそれどころじゃないかも!?)。
赤ちゃんに適用があるのかどうか 分かりませんが…思い出した話を。
主人が僧帽弁閉鎖不全の手術を3年前にしたとき、手術の費用は500万円以上だったように思います。
しかし、実際に支払った手術費用はわずかでした。これは更生医療というものが適用されたからでした。もちろん病気の酒類や程度に関係があると思います。
(ちなみに主人は手術前に障害者に認定され4級1種と言われました。術後も認定は変わりません。)
心臓など命に関わる急を要する手術の時に更生医療が適用されるようなことも聞いたような…(当時は混乱していて良く覚えてないんです)
しかしいずれにしても手術前には必ず手術の費用について詳しく話がありました。
こんな中途半端な内容ですみません、、、
  • りんりん 
  • URL 
  • 2005年07月17日 20時08分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://pinebookplus.blog76.fc2.com/tb.php/254-c1b59afc

左サイドメニュー

プロフィール

ゆーりまま

Author:ゆーりまま
ゆーりままと旦那さんとゆうと、ゆいの4人家族です!
ゆうとは2298グラムで生まれ、心室中隔欠損症と僧房弁狭窄症を持っています。が、2006年10月10日に心室中隔欠損閉鎖手術をしました。元気いっぱいのゆうとくん、運動制限はマラソンだけです。
そして、ゆうとは2008年おにいちゃんになりました。
ゆうととゆいちゃんのお家が2012年2月に完成!3年通ったこばとの卒園をを迎え、ゆうとは小1になりました。ゆいちゃんも年中と、日々成長しております
-------------
妊娠中の記録とゆうとの心臓についてはこちら ⇒
-------------




にほんブログ村 子育てブログへ

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

子作り ・ 子育てカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

2005年7月~9月産まれのbaby

2005年生まれのBaby -----♪♪

会津についてのトラックバックピープル

小児医療

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

子作り ・ 子育てブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。